履歴書作成と業務委託契約の関係性

フリーランスで活躍している人の多くは、今まで会社に務めていた人が、脱サラなどをして活躍している方が殆どかなと思います。
そんな人達に、履歴書の書き方や、面接の仕方などを紹介するというのは本当に必要かなと思いますが、念には念をということで紹介しておきたいと思います。

面接というのは、基本的に戦いだと思っている方が多いかと思いますが、実際に戦うのは、同じく面接を受ける人であって、面接官はそこまで敵ではないのです。
むしろ、これから味方になろうとしている人間が、目をギラギラとさせながら牙を向いていたら、私が面接官なら間違いなく落とします。
面接官に示すべきは、自分はどんな人間なのかということと、どんな武器があるのかという部分なのです。
このどんな人間かを示すのが履歴書。どんな武器があるのかというのを示すのが実績となります。
この実績がキチンとしている分、フリーランスで働いていた人は、有利に立ちまわることが出来ます。これほど大きな武器がどこにあるというのでしょうか。

次に、相手のことをよく知っているというのは、とても大事なことです。プログラマーで働く人が、お寿司屋さんに就職するわけには行かないから、就職する会社のことは、徹底的に調べておけば、どんな人材が求められているのかということが、自ずと見えてくるかと思います。
その必要な人材になることができれば、採用・就職は難しいことではありません。

ここで紹介したのは履歴書・面接についてですが、このスキルを活かすことができる場面は多々あります。
例えばフリーランスで働く場合は、クライアントと業務委託契約を交わす上でのトラブルを防ぐことに繋がるのです。
履歴書とどう繋がるの?と、思われるでしょう。
履歴書を作成する上で、自分の経歴やスキルを改めて見直す機会です。自分にマッチした仕事を知ることができます。また、面接では就職をする会社の情報を念入りに調べた上で面接に挑みます。
業務委託契約も同じです。しっかり把握した上で契約を交わすため、見極める力がここで役に立つのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です